急な出費でお金が必要な時は!

イベントやデート、冠婚葬祭など、日々生活していくなかで、急な出費を必要とする瞬間は多々ありますよね。小額ならまだしも、いきなり数万円のまとまった額が必要ともなると、ちょっと困らされてしまいます。

お金

 

ですが、だからといってキャンセルするわけにはいかないケースも多いと思います。状況によっては親戚関係や人付き合いの関係性を、悪くしてしまうかもしれませんし。。。

 

そんなときに役立ってくれるのが、消費者金融や銀行カードローンといった、スピーディーなお金の工面に役立てられるサービスです。

 

銀行カードローンを利用するメリット

まさに今すぐお金が必要といったタイミングでも、カードローンだと条件次第ではものの30分〜1時間程度で入金してもらえる場合すらあります。これなら、急な場面でも恥をかいたり失礼をしたりしてしまわずに済みます。

 

とはいえ、こうしたサービスはいずれも借金に他なりません。結局は返済しなければならない存在ですし、さらに金利も伴うため、借入額以上の支払いが必要ともなってきます。

 

つまり、結果的にマイナスを被ることは避けられないのです。そのため、便利に活用できるサービスではありながら、収支のバランスや返済プランをしっかり考え、慎重に利用することが大切です。

解説

 

安全な活用を目指す上でポイントとなるのが、どのサービスを選ぶのかという部分です。同じ借り入れサービスといっても、消費者金融系なのか銀行系なのか、そして金利はどういった設定なのかなど、金融商品によってさまざまです。

 

わずかな違いであっても、長期的に返済していくともなれば、結構な損得が出てきます。借りれるならどこでもいい!といった訳ではなく、こだわって選ぶようにしましょう。

 

今回は、数ある金融会社、金融サービスの中でも特におすすめの、『オリックス銀行』から発行されているカードローンにについて調べてみました。

 

なぜなら、オリックス銀行カードローンには多くのメリットが期待できるためです。では一体、どのような特徴があるのでしょうか?

 

これから安全でお得な借り入れサービスを探そうと思っている、まさにそんな人に役立てていただけるよう、詳しく調べてみたので参考にしてください。

 

 

オリックス銀行カードローンの概要

まずおおまかな種類分けとして、同カードローンは銀行系に属します。消費者金融との違いとしては、金融のプロともいえる銀行が運営しているため、安心感や安定感が感じられる、利用限度額が比較的高い、金利が低めに設定されているといった部分です。

 

総合的に見て、銀行系の方がメリットは多いと言い切って問題ないでしょう。ですが、もちろんそうなってくると消費者金融という選択肢がなぜ存在するのかといった話にもなってきます。その点についても、後述で詳しく掘り下げていきます。

 

銀行系といっても、近年はその中でもまたさらに種類分けがされる風潮も見られます。インターネットの普及に伴い、ネット利用に特化された、さらにはネット専用銀行として運営されているものまであるのです。

 

つまり、実店舗が伴う銀行と、ネット上のみに存在する銀行という種類分けです。そしてオリックス銀行カードローンに関しては、まさに後者のネット上のみに存在する機関となっています。いわゆる、ネットバンクと呼ばれるタイプです。この点も、特徴のひとつとして押さえておくべきです。

 

次に、金利面です。

 

オリックス銀行カードローンの金利は、年1.7〜17.8%に設定されています。この利率は、銀行カードローンの中でもトップクラスに低い水準となっており、事実同カードローンホームページにおいても、堂々と「業界最低水準」が謳われているほどです。

 

借り入れサービス選びにおける大きなポイントとなるので、見逃せない特徴といえるでしょう。

 

その他、利用限度額最高800万円、月々の返済額がこちらもまた業界最低水準の月々7,000円からに設定されている面も、概要としてチェックしておくべきでしょう。

 

以下からは、このコーナーで紹介した特徴それぞれがどう利用する側のメリットに繋がるのかや、さらなる詳細について解説していきます。

 

 

ネットバンクであることのメリット

だいぶ一般的になりつつあるネットバンクですが、利用したことがない人にとっては、まだまだ未知数の存在かと思われます。窓口で担当者を介して契約するのが定番であったにもかかわらず、その作業をごっそり省いてしまうというわけです。

 

貴重な財産を任せることにも繋がるため、人によっては不安が感じられるかもしれません。ですが実際のところ、そこまで敬遠すべきものでもありません。確かに感覚的な不安が伴う人もいるかもしれませんが、運営しているのは従来同様正規の金融機関ですし、ネットバンクだからこそのメリットも多く感じられます。

 

例えば、申し込みから手続き、契約完了まで、すべてがネット上で完結するという点です。パソコン、もしくは手持ちのスマホから、気軽に利用できるというわけです。また大きな強みとなっている点に、銀行の営業時間に限らず、いつでも申し込めるということも挙げられます。

 

営業時間が比較的短く、焦らされたり不便を感じさせられたりといった経験を持つ人も少なくないことでしょう。その点、ネットバンクならネット経由なので、基本的に時間帯を選びません。

 

そしてもちろん、この特徴は銀行カードローンとして利用する際にも役立ってくれます。お金が入り用になるタイミングはいつどんな瞬間か分かりません。

 

ネットバンクなら、あらゆる状況で活用することができます。ただ、オリックス銀行の場合入金までにある程度タイムラグも生じるので注意も必要です。ちなみにカードローン利用だけなら、口座開設の必要すらありません。

 

自宅にいながらスムーズに、借り入れを完了することができます。

 

インターネットという目に見えない空間を介することから、個人情報の取り扱いやお金の管理などに信頼が持てないといったケースもあるかもしれません。ですがオリックス銀行カードローンなら、安心です。

 

重複しますが、同カードローンは銀行という金融機関が運営しています。お金の管理のプロが提供するサービスですので、ネット経由だからといって信頼性が薄れるということはありません。

 

また、人気女優を起用した積極的なテレビCM展開でも知られています。知名度の高いサービスであるということもまた、安心感に繋がることでしょう。そうした表立った宣伝ができるのも、サービス内容に自信があるからこそと言い換えられます。

 

ネットバンクだから…という理由で敬遠する必要は、まずないといえるでしょう。

 

 

金利設定が年1.7〜17.8%

さて、たびたび触れている金利面についてですが、借り入れ未経験の人としては、この設定にどういった特徴があるのか少し分かりにくいかと思われます。結論としては、数ある借り入れサービスの中でも魅力的な利率といえます。

 

ここでは、その理由についてご紹介していきます。

 

まず金利率が何なのかについて、お伝えします。金利とは、いわば金融会社側に支払う手数料のようなものです。お金を貸して、ただ返してもらうだけではビジネスは成り立ちません。

 

そのため、貸し出す金額に利息を加えた額の返済が必要となるのです。そのため、この金利は高ければ高いほど損をするといえます。なぜなら、借り入れた金額とまったく関係のないお金を、より多く持っていかれるということになるからです。

 

その点オリックス銀行カードローンのこの1.7%という利率は、前述の通り業界最低水準となっています。数ある中でも金利支払いが抑えられるため、お得な借り入れが実現可能になります。

 

反面、上限側の17.8%というのは比較的高い数字といえます。軒並み良心的な金利を設定している銀行カードローンの中でも高めとなっており、消費者金融の金融商品にも近い数字です。

 

ちなみに一般的な銀行カードローンは、14〜16%前後が多く見られます。とはいえ、この点にもまたメリットが伴うため、一概にマイナス視する必要はないでしょう。

 

まず一般的な考え方として、銀行カードローンは審査が通りにくいです。前述でメリット豊富な存在として銀行系を紹介していましたが、にもかかわらず消費者金融を利用する人も多い理由は、そんな部分にあります。

 

メリットが多い反面審査に通りにくい銀行系、お得さでは劣るものの、審査基準が比較的ゆるい消費者金融、といった感じです。ですが、オリックス銀行カードローンにはそんな傾向が当てはまりません。

 

銀行系ならではの下限金利の低さに加え、消費者金融並みの上限の高さが伴うためです。これにより実現されているのが、銀行系金融サービスであるにもかかわらず、比較的審査に通りやすいという状況です。

 

数ある銀行系の中でも貴重な存在なので、大きなメリットと捉えておいて問題ありません。

 

 

オリックス銀行カードローンの申し込み条件

借り入れサービスを利用する上で、まず外せない存在となるのが審査です。貸すからには金利込みで返ってこなければビジネスは成り立たないので、ちゃんと返済能力はあるのか、過去に事故歴はないかなどもしっかり調べられます。

 

もしそうした審査がない金融業者なのであれば、それは明らかに怪しいといえます。無条件で借りられるようであっても、利用は避けるべきでしょう。

 

また、審査申し込みをするための条件というのも存在します。これがクリアできていなければ、審査申請すらできないので、チェックしておきましょう。

 

オリックス銀行カードローンの基本的な条件としては、まず年齢が、満20歳以上であり、かつ満69歳未満であることです。次に収入面ですが、継続的、かつ安定した収入を得ているという条件に該当していなければなりません。

 

20歳代の若者から、70手前のお年寄りに至るまで幅広く活用できますが、いずれにおいても収入を得ている状態であることが必須となります。とはいえ、収入額の指定や雇用形態に関する指定は特にないようなので、審査に関しては多くの人が臨めることでしょう。

 

そしてもう一点、必要書類についても忘れてはなりません。パソコンやスマホさえあればすぐに申し込めるオリックス銀行カードローンとはいえ、申請書類の用意は欠かせません。

 

主な書類としては、2点となります。運転免許証や健康保険証といった身分証明書、そして収入状況を伝えるための収入証明書です。ただ後者に関しては、オリックス銀行の場合は限度額が300万円を超えるときのみ必要と定めています。

 

そのため、これ以下の限度額で検討する場合に関しては、身分証明書のみでも問題ありません。免許やカード型保険証であれば、普段から持ち歩いている人も少なくないことでしょう。

 

そう考えると、やはり急な際にも便利な存在として役立つサービスであるといえます。

 

またその他、外国籍の人は永住権を証明する書類も求められます。300万円までの利用なら1点、最大3点の書類が必要になると考えておいてください。

 

カード発行までの流れ

カードローンというだけあって、ローンカード発行は利用開始時の基本的な流れに組み込まれています。そのため、カード発行の流れは通常申し込みの流れといっても過言ではありません。

 

そのため、基本的な申し込み方法をしっかり把握していくことで正しくカードも受け取れます。オリックス銀行カードローンの申し込みではホームページを利用します。

 

中には、実店舗での申し込みなどいくつか選択肢がある場合もありますが、オリックス銀行はネットバンクのためウェブのみとなっています。

 

必要事項を入力、送信したら、次に受付メールが送られてくるので、開封ののち確認用URLを選択します。初回の操作としてはこれだけになります。

 

あとは審査結果を待つだけとなり、Eメール、もしくは電話、書面にて連絡がきます。これによって利用可能かどうかが早速判明するわけですが、カードに関してはまだ受け取れる段階ではありません。

 

次に、職場の在籍確認と本人意思確認がされます。まず前者は、申し込み時に記入した職場で本当に働いているかどか確認する作業です。

 

年収状況と職場情報、そして在籍の確認をすることで返済能力の有無が確かめられます。金融会社は返済があるからこそお金を貸しているため、この能力が欠かせないポイントとなってきます。

 

そして後者本人意思確認ですが、申し込み内容を確認する意味合いでおこなわれます。申し込み情報の正確性を確かめ、さらに借り入れの希望条件における最終同意を得ます。

 

ここで初めて、借り入れ開始のための手続きがすべて完了する形になります。

 

上記までの流れが完了すれば、今回の本題であるローンカードが発行されます。発行といっても、前述の通りオリックス銀行に実店舗は存在しないので、申し込み時に記載した住所への送付となります。

 

ただこのとき注意したいのが、カードを受け取ってもこのままの状態ではまだ利用ができないということです。

 

在籍確認・意思確認後にメールアドレスへ届けられる、必要書類アップロードURLより、本人確認書類、また必要に応じて所得証明書類を提出しなくてはなりません。

 

これらの確認がおこなわれ次第の、カード利用開始となります。

 

申し込みからカード利用開始までの期間

上記のように複数の段階を踏むともなれば結構な期間がかかるように思われることでしょう。冒頭に挙げたような、お金に急を要している状況ともなれば、そうした段階の多さは面倒に感じられるかもしれません。

 

急な工面が必須ともなれば、他社借り入れすら考えなくてはいけなくなってきます。ですがご安心ください。

 

オリックス銀行カードローンのカード利用は、段階が多いながらも比較的スピーディーに開始できます。遅さを煩わしく感じるどころか、同じく銀行系カードローンの中でも有数のスピード感となっており便利にすら感じられます。

 

少しでも早くカードを発行してもらい利用開始したいのであれば、次のような点に気をつけると良いでしょう。例えば、申し込みのタイミングです。

 

早い時間帯に申込する、またオリックス銀行の定休日である土日祝を挟まないタイミングというのもポイントです。

 

次に、必要書類をあらかじめ手元に用意しておくことです。カードが届いたとしても、必要書類提出をして確認されなければ利用は始められません。

 

そのため、確認用URLが届いたら速やかに提出できるよう、前もって準備しておくと良いでしょう。また、必要事項の記入は入念におこないましょう。

 

内容の抜けや曖昧な項目などがあると、確認を要して一層時間がかかるかもしれません。

 

利用が開始され、そしてカード発行も完了していれば、あとは都合に合わせて借り入れを役立てられます。提携ATMが99,000台以上(2018年2月末現在)も展開されているため、あらゆるシーンで身近に活用できます。

 

基本サービス以外の便利なプラン

オリックス銀行カードローンには、通常の借り入れ以外にも便利なプランがあります。それは、おまとめ・借り換えサービスです。

 

これはただお金の融資を受けるのではなく、すでに存在する複数社からの借り入れ分をオリックス銀行カードローン一社にまとめられるというものです。

 

複数社に返済していたときと違い、返済日、返済回数を月一回にまとめられるので、返し忘れや精神的負担も軽減できます。

 

おまとめ・借り入れといったサービスは、他社でも比較的多く見られます。ですがその中でも、オリックス銀行のものはおすすめといえます。それこそ、前述までに挙げた同カードローンならではのメリットが伴うためです。

 

まずひとつに、業界最低水準の金利を誇っている点です。他社に返していた頃よりも、金利負担が少なくなる可能性が高いです。シンプルに、得をする返し方と考えても良いでしょう。返済額が純粋に減らせるとなれば、利用しない手はありません。

 

次に、審査が通りやすいという部分です。前述の通り、銀行系金融サービスは消費者金融と比べて審査が厳しい傾向にあります。そしてさらにおまとめ・借り換えを利用するとなれば、その特徴は顕著です。

 

ですが、審査に関するハードルが比較的低めに設定されている同カードローンなら、こちらに関しても通りやすいです。またその他、提携ATMが全国約95,000台稼動しているという点もポイントです。

 

大手だからこその返しやすさもあるため、複数社に返済していたとき以上に返しやすくなります。通常の借り入れに関してもメリットが多いオリックス銀行カードローンですが、このようにすでに借り入れのある人にまで魅力的な存在となってくれます。

 

まとめ

オリックス銀行カードローンは、ネットバンクを介して利用する金融サービスです。銀行系ならではの低金利となっており利用しやすくなっています。

 

さらに、申し込みのしやすさなど便利な特徴が多数伴います。お金を工面する上で、検討して損はありません。

 

ですが、いくら便利といってもそれは借金に変わりありません。収支のバランスや返済プランもしっかり考えた上で、慎重に活用するよう注意も必要です。